<   2005年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2005年 07月 31日

海鮮丼

d0022799_1130503.jpg


家内の実家より、北海道の毛蟹といくらが送られてきたので、今夜のおかずは海鮮丼であった。
新鮮な毛蟹の身がプリプリしていた。いくらも食べ応えがあり、何とも贅沢な食卓に。


d0022799_15203678.jpg
会社の先輩に結婚祝いにいただいた

切子の酒器を出してきて、冷酒をいただく。

我が家の食卓が、とても華やいだ。

by mimiraisan | 2005-07-31 23:00 | 美食 | Comments(0)
2005年 07月 31日

森下 蕎麦 『京金』

d0022799_11481091.jpg


今日の昼食は、家族で森下の「京金」へ。
7ヶ月になる娘のために、少し待って座敷の席を用意していただいた。
まずはお酒、福島の「飛露喜」を冷でいただく。


d0022799_11504317.jpg


つまみは、野菜天ぷらの盛り合わせ。
カラッと揚がった天ぷらの食感と、濃すぎない味付けの天つゆとの組み合わせが絶妙だった。


d0022799_1152930.jpg


〆は、せいろで。奥に見えるのは、お替りで追加注文したせいろ半人前。
いや、いつ来ても満足できる店だ。


d0022799_11531463.jpg


家内は、からみ蕎麦を食べていた。少しいただくと、からみ大根の辛さに痺れた。
やみ付きになりそうである...。

by mimiraisan | 2005-07-31 18:50 | 森下・菊川・住吉 | Comments(0)
2005年 07月 30日

隅田川花火大会

d0022799_10322674.jpg


今日は、夕方から家族で四谷三丁目で、焼肉をたらふく食べた。
その帰りに、新大橋で隅田川花火大会を鑑賞。
夏の夜の花火...何ともワクワクしてしまう。


d0022799_10333458.jpg


...と、打ちあがった花火は、ビルの合間に小さく見える程度。
音もそれほど迫力のあるものではなく、何だか少し拍子抜けであった。


d0022799_1034355.jpg


そう言えば昨年もここで、ビルの合間の花火をみたのだが、その時は
高層マンションもまだ建築中で、今より迫力があったように感じたなぁ。
でもこれがまた、都会の花火って感じで、良いのかもしれない。

by mimiraisan | 2005-07-30 22:43 | 日々 | Comments(0)
2005年 07月 29日

浅草 地酒 『ぬる燗』

d0022799_8424911.jpg
今宵は、仕事先の方々と浅草の
「ぬる燗」へ。(写真は、店の
前に佇む猫。何とものんびりと
した風景である。)
若い店主が始めた地酒の名店だが、
久しぶりに訪れてみると、浅草の
地に良く馴染んだ感じで、とても
居心地のよい空間になっていた。


d0022799_838322.jpg
今日は、深夜から仕事の打合せが
残っていたため、お酒は控えめに
して、以前仕事でお世話になった
方々との、旧交を温めた。
〆にいただたカレー茶漬けは、
意外にも絶品の味わい。もっと
居たかったのだが、後ろ髪を引か
れる思いで、店を後にした。
今度は、ゆっくりと来たいものだ。

by mimiraisan | 2005-07-29 21:18 | 浅草・両国・向島 | Comments(0)
2005年 07月 27日

麻布十番 和食 「炙家風土」

d0022799_9405362.jpg
今宵は、仕事先の方々と麻布十番の「風土」へ
焼酎を飲みに行った。ここの店では、新鮮な魚や
地鶏が食べられ、お酒も日本酒から焼酎、ワイン
と種類が揃っていて、行く度に満足できる。
今宵もブランド地鶏をいただいた。(軍鶏、比内鶏、
名古屋コーチン)


d0022799_945735.jpg
これは、幻の豚肉と呼ばれている(らしい)、
メイシャントン。中国でとれる黒豚なのだとか。
トロのようにジューシーでなんとも美味であった。


d0022799_946572.jpg
今宵の焼酎は、鹿児島の芋焼酎「萬膳庵」をロックで。
黄麹でつくる焼酎特有の華やかな味わいを堪能した。


d0022799_9482720.jpgd0022799_9484821.jpg


〆に食べたらーめんと炒飯も美味しくて、大満足な夜であった。
それにしても、とても夏バテとは思えぬほど食べてしまった。

by mimiraisan | 2005-07-27 23:40 | 麻布十番・赤羽橋 | Comments(0)
2005年 07月 27日

日本橋 洋食 「グリル満天星」

d0022799_16541856.jpg


今日のランチは、仕事先の近くでとる事に。日本橋三越新館にある「グリル満天星」は、
洋食のお店。今日は、カニクリームコロッケをいただく。濃厚な味付けは、昼から
ヴォリューム感を感じた。最近、食が細くなったのだろうか?はたまた、夏バテか?


d0022799_1656322.jpg


ここの店は、オムライスも有名で、デミグラスソースが何とも美味しそう。
昼からリッチな食事であった。たまには、優雅なランチもいいものだ。

by mimiraisan | 2005-07-27 13:33 | 日本橋・三越前 | Comments(0)
2005年 07月 24日

高橋 どじょう料理 『伊せ喜』

d0022799_21245298.jpg
今宵は、近所にあるどじょう料理の名店『伊せ喜』に行ってきた。
明治20年創業というだけあって、店内の調度品は歴史を感じるものであった。


d0022799_2124307.jpg
まずは、エビスビールで乾杯。今日は夕方、震度5の地震があって、
都内の地下鉄・私鉄・JRと、各路線電車が止まってしまっていた。
その影響があるのか、店内は比較適空いている様であった。


d0022799_2122391.jpg
今日は、柳川定食を食べることに。どじょうの入った柳川なべに、
ご飯とお新香、それにどじょう汁がついてきた。どじょう汁には、
どじょうが丸々入っていて、食べるのに結構勇気が要った。


d0022799_2123017.jpg
家内は、うなぎ丼(上)を。この店はどじょうの他、うなぎも有名で、
とても美味しかった。深川の歴史を感じることのできる名店と言える。

『どぜう 伊せ喜』
・〒135-0005 東京都江東区高橋2-5
・Tel.03-3631-0005
・http://www.iseki-dozeu.com/

by mimiraisan | 2005-07-24 21:18 | 森下・菊川・住吉 | Comments(2)
2005年 07月 17日

紀尾井町 フレンチ 『トゥールダルジャン』

d0022799_16314410.jpg
明日の結婚記念日のお祝いに、夫婦で紀尾井町「ホテルニューオータニ」の
中に入っている「トゥールダルジャン」に行ってきた。言わずと知れた、
パリの高級フランス料理店の世界唯一の支店である。当然のことながら、
男性はジャケットとネクタイの着用を義務付けられていた...
って、これって一体どういう意味があるのだろうか?
チーム6%に個人登録している小生にとって、タイの着用を義務付けられるなど...
、などと言いつつも、汗をダラダラ流しながら、いざ店内へ...。


d0022799_16513338.jpg
席に通されると、今宵のコースメニューが用意されていて、驚いたことに
「結婚1周年記念ディナー M.et Mme.○○○○○○○○」と名前がプリントされて
いるのだ。(仏語で)店員の対応も、とても感じが良くて、期待は膨らんで
いくのであった。


d0022799_16362314.jpg


前菜は「トゥールダルジャン特製 フォアグラ」。


d0022799_16365966.jpg


そして「海の幸ナージュ仕立て」から...


d0022799_16375762.jpg


「アスパラガスの冷製スープ」へと続く。


d0022799_16382323.jpg


そして、メインの「幼鴨のロースト“マルコ ポーロ”」が...。
ここの鴨のローストは有名で、手がけた鴨の一羽一羽にナンバーリングをしているのだ。
その昔、当時、皇太子であられた昭和天皇を53,211羽目の鴨でもてなす栄光を授かり、
1984年に東京に初めて支店をオープンした時は、その栄光に由来した53,212羽目の鴨から
ナンバーリングを始めたそうだ。


d0022799_16394955.jpg


今宵、我々が食べた鴨のシリアル・ナンバーは、「185786」。
一羽の鴨から2人前が取れるのだとか。
食してみると、濃厚な味わいで、柔らかい肉質の割りに食べ応えがあった。
赤ワインに良く合う味である。トレボ~ン!


d0022799_16415749.jpg


思い返してみると、魚料理も、スープも、濃厚な味わいであった。写真は季節のサラダ。
ミネラルウォーターがガス入りだったためか、お腹がいっぱいになってしまった。


d0022799_16431294.jpg


d0022799_1644399.jpg


デザートのスイーツも、コーヒーも美味しくて、充実した結婚記念ディナーとなった。
子供を、オータニのベビールームに預けていたので、食事中も気になっていたが、
2時間半良く眠っていてくれたようで、一安心だった。
たまには、正装して家族でディナーも、良いものである。

by mimiraisan | 2005-07-17 23:36 | 赤坂・永田町 | Comments(2)
2005年 07月 13日

仙台 牛タン 『都留野』

d0022799_912076.jpg
今日は、久しぶりの仙台出張であった。
昨年、某テレビ局の方々に連れて行って
いただいで、印象に残っていた店「都留野」
にまた行く事ができた。ここは、仙台名物
の牛タンをはじめ、美味しい魚の刺身や、
その他創作料理が食べられる。


d0022799_932207.jpg
まずは「牛たん焼き」。肉厚で柔らかく、
とても美味しい。何枚でも食べられる気がする。
今宵のお酒は、宮城の「伯楽星」純米大吟醸(生詰)。
香りがあるが、辛口でシャープ。酒が進んでしまう。
続いて、仙台でも芋焼酎。ここでは「鉄幹」が飲める
ので、ロックでいただく。今宵もいいペースになってきた。


d0022799_9395713.jpg
これは珍しい料理だが、「じゃが芋そーめん」
と言って、じゃがいもを、そーめんのように細く
長く切って、食べる。シャキシャキした食感が
堪らない。〆の一品に良かった。いや、牛タンと
地酒を堪能することができた。

『都留野(つるの)』
・仙台市青葉区一番町4-5-40 おの万ビル 地下1F
・022-221-0806

by mimiraisan | 2005-07-13 21:58 | 宮城県(仙台) | Comments(0)
2005年 07月 12日

武蔵小山 芋焼酎 『からいもの里』

d0022799_8382473.jpg
「芋焼酎の会」のメンバーたちは、「鳥樹」でその芋焼酎への飽くなき想いに火がつき、
その火はまたたく間に全メンバーの根底にある「本格焼酎」への渇望感へと昇華(?)
して行った。
そこで二軒目に選んだのは、「本格芋焼酎の殿堂」とも言える、武蔵小山「からいもの里」
へ。ここでは、自分の好きな銘柄を、誰に気兼ねすることもなく、好きなだけ飲める。
それだけに、武蔵小山の住宅街の一角に、看板も出さずにひっそりと佇み、常連さんたちの
憩いの場となっているのだ。今夜も、残業が終わった「焼酎党」が、遅れて23時頃から
駆けつけ、「ダレヤメ」はいつ終わるともなく、続くのであった。

『からいもの里』
・東京都品川区荏原3-4-24
・03-3788-0069

by mimiraisan | 2005-07-12 23:37 | 武蔵小山 | Comments(0)